霊園の終活セミナー

霊園でも終活セミナー等を開催しているところがあります。 - 霊園でも終活セミナー等を開催している

霊園でも終活セミナー等を開催している

近年の霊園では、お墓の管理やお葬式、お墓参り、お墓の管理等だけでは無く、終活や永代供養、お墓を立てたり、法要を取り行う所までケアしている事が多くあります。
特に近年では終活に訪れる方が増えてきており、自分の死後についてどうしたいのかを良く考えると共に、どうやって終活をしたら良いのかアドバイスを貰ったりする方が多くなっているそうです。
この終活と言う物はどのような物なのでしょうか。
終活とは、死後どうしたいか、だけでなく、人生の終わりをより良いものとする為に事前に準備を行う事を言います。
例えば、自分のお墓や葬儀について考えて、オリジナルの葬儀をしてみたいとか、財産や相続についての計画を立てたり、身辺整理をしておく等も終活に含まれるそうです。
終活にはエンディングノートと呼ばれるノートに様々な希望を記載し、それを元に自分の人生が終わった後の事を、実践してもらうような形となります。
近年では婚活や恋活など何でも活動する傾向が強まっていますが、終活もそのうちの一つです。
終活を知り、自分の事を振り返り、また少し先の事を考えたりすると、自然と自分の気持ちの中の不安感も無くなり、これでいつ何時何があっても安心だと思う方が多くなっているそうです。
ここ数年では終活を知り、具体的な行動に出た方はおよそ20パーセント前後も増えていて、いかに終活に向けて関心が高いのかが伺えます。
tyojyt
また、終活をメインにする業者も増えているそうです。
法要の種類には年忌法要というものがあります。
これは一般的に言う何回忌と言われる物で、特に一周忌と言うのは重要視される傾向があります。
年忌法要にはどのような種類があるのでしょうか。
年忌法要には、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、その他へと続きます。
特に重要視される一周忌は、本来故人が無くなった日に営むもので、なるべくなら日程を調整して命日に行う事が望ましいと言われています。
霊園の都合や、寺院の都合等で、どうしても命日に営む事が出来ない場合には、数日ずらすことがあります。
ですが、数日ずらすと言っても、命日を過ぎるような事はタブーとされており、命日を過ぎないように、前もって営まれることが多いそうです。
それ以降の年忌法要は、亡くなってからの経過した年数によって営まれます。
数々の年忌法要がありますが、最長で、三十三回忌を年忌止めとしており、これで年忌供養を打ち切る事が多いと言われています。
場合によっては、五十回忌を営んでから年忌止めにすることもあるそうです。
この回数は、法要を営む側の都合や思いによって決まる事が多く、例えば、夫に先立たれた場合等は、妻が生存している限りは、年忌法要を続けると言う方もいらっしゃるそうです。
どの法要を行う場合でも、事前に霊園・お墓や寺院に予約をする必要があり、他の遺族への連絡等も行う必要が出てきます。
その為、親戚一同が顔を合わせる良い機会になる事もあると言われているそうです。

Copyright(C)2015 霊園の終活セミナー All Rights Reserved.